学校法人遺愛学院 遺愛旭岡幼稚園 Iai Asahioka Kindergarten

豊かな自然に囲まれてのびのび学ぶ

遺愛旭岡幼稚園は、創基145年以上の歴史と伝統の学校法人遺愛学院のひとつの枝として、1915年(大正4年)、当時の遺愛幼稚園園長ミス・ドレーパーが30名の幼児を集めて、キリスト教に基づく幼児教育を行うことを目標に第二遺愛幼稚園(当初清花園)として、スタートしました。
1982年(昭和57年)4月に第1回目の入園式を行ってから、これまでに1,800名を超える園児が卒園しています。

豊かな自然に囲まれてのびのび学ぶ 園庭には、たくさんの自然と出会う機会があります

園庭には、たくさんの自然と出会う機会があります。チョウチョやトンボなどの虫たち、イチョウやナナカマドなどの自然が子どもたちを楽しませてくれます。また、たくさんの大型遊具や、広い砂場で体を思い切り動かして遊ぶことも魅力です。
夏には園庭で夏祭り、秋には運動会をしたりと、みんなとっても楽しく過ごしています。未就園児教室「こひつじサークル」のお友達も元気いっぱいに遊んでいます。

体を思い切り動かして遊ぶことも魅力 自然が子どもたちを楽しませてくれます

遺愛旭岡幼稚園の目指しているもの

1
神と人に愛される人間

毎日の生活の中で神を敬い、人を愛し、それによって思いやりや、感謝の気持ちを育みます。

2
豊かに想像する子ども

遊びの中で子どもは学び、成長します。よく考え工夫し、創造する力を伸ばします。

3
明るく元気な子ども

運動遊びやスイミングスクールなどを通して、健康な体と精神を養い、安全に気をつける注意力を養います。

4
自然に親しむ保育

自然に恵まれたこの幼稚園で、その環境を生かして豊かな心を育てます。

5
社会性・国際感覚の育成

社会生活に必要な自主・共同の精神や、基本的な生活習慣を養います。英語で遊ぶ時間を通して国際感覚を養います。

園の概要

所在地 〒042-0915 函館市西旭岡町2-6-1
電話 0138-50-3308
FAX 0138-50-4936
開園 1982年(昭和57年)
園地 899.00㎡
職員 園長、副園長、教頭、主任教諭、教諭、事務職、運転手、英語教師、自然インストラクター、体操教師
関連校 学校法人遺愛学院

アクセス